〜Ensemble Levent団体理念〜

独創性を持った室内楽合奏団として芸術的価値を高め、

メンバーを含めた団体に関わる全ての人々を幸せにする。

 

〜プロフィール〜


2014
年東京藝術大学の卒業生を中心に結成。

2015年に演奏会をきっかけに、「Ensemble Levent アンサンブル・ルヴァン」と命名。

 

名前の『Le vent ル ヴァン』にはフランス語で『風』という意味があり、

管楽器が『息』を使う楽器であること

クラシック音楽に新しい『風』を起こす団体となること

という2つの思いに由来している。

吹奏楽界の巨匠フレデリック・フェネル氏が提唱した

各パートに1本ずつ配置する「ウインド・アンサンブル(Wind Ensemble)」の定義にのっとり

『管楽器各1本ずつ+打楽器』

という、よりコンパクトに洗練された編成での活動を行っている。

その中でも、13人で吹奏楽の大曲を演奏する“13人の吹奏楽”において、

管打楽器の新しい可能性を追求している。

 

また、小学校、中学校から高校までの各「教育現場」での活動にも力を入れており、

芸術鑑賞会・音楽鑑賞教室といった学校公演の他、

“より充実した吹奏楽部の活動”のための吹奏楽部指導を積極的に行っている。